イベントレポート

1/24 ケイ潤子ニューイヤープレミアムライブ開催!

2016.01.24

1/6発売シングル「時計」の発売を記念したケイ潤子のニューイヤープレミアムライブが1/24(日)SHINAGAWA J-SQUAREにて開催されました。前日は雪の予報が出る非常に寒い天気の中100名を超えるファンが集まりました。

DSCN0049

シャンソンの名曲『夢の中に君がいる』『時は過ぎてゆく』『アドロ』をバイオリン、ピアノ、ベースの演奏と共にしっとりとした曲に載せ、ブラックドレスで登場。中島みゆきの名曲『糸』、オリジナル楽曲『キラメクいのち~GAINA~』を歌唱。シャンソン歌手としてスタートしたケイ潤子でしたが、歌の幅を広げるきっかけとなった恩人若草恵先生がステージに登場!

DSCN0067

同じ山形出身二人ということで話は故郷へ・・「疲れたりすると実家に帰ってゆっくりと作詞をする」というケイ潤子に、若草先生が「暑い中、終演後の握手会にも大勢の方にご参加いただき有難うございました!暑い中、終演後の握手会にも大勢の方にご参加いただき有難うございました!暑い中、終演後の握手会にも大勢の方にご参加いただき有難うございました!ご来場いただいた皆さん有難うございました。ご来場いただいた皆さん有難うございました。高校卒業時に先生3人からプロポーズを受けたんだよねー」と爆弾発言!漫画のような実話に会場もビックリ!

若草先生から「大人の音楽を皆に広めるために是非新曲の『時計』も歌い継いでいってほしい」とエール。新曲『時計』を熱唱後、装いも新たに艶やかな白いドレスでステージ後方から登場。『テネシーワルツ』『悲しい酒』『ラストダンスは私』という往年の名曲をカバーで披露し、改めて彼女の歌の裾野の広さを思い知らされた一幕でした。

そして再び若草先生登場!

若草先生との掛け合いの最中、ケイ潤子が唄った曲名を間違えてしまった若草先生に「山形の人は正しい事を言おうと思って、全然違うこと言っても気づかないんですよね(笑)。でもすごくわかります!」とケイ潤子がすかさずフォローしトークで笑いを誘った。

その後は若草先生のピアノで『愛の賛歌』をたっぷりと歌い上げた。演奏前に「間違えたらごめんなさいね」という茶目っ気たっぷりの若草先生でしたが、いざ演奏に入るとケイ潤子のシャンソンで培った歌唱力と先生の流れるような旋律が見事に融合し、観客を魅了しました。

DSCN0146

自身が作詞した『この愛とあなたと』から新曲のカップリングである『光の朝』、そして「この歌をずっと歌い継いでいきたい」と決意を新たに、新曲の『時計』を再び熱唱し、コンサートは大盛況の内に幕を閉じました。

DSCN0174